路面電車でパンチラを見てしまった僕を気遣った彼女

相手の性別年齢職業
女性24歳アルバイト(ドラッグストア)
出会った場所利用サイト投稿日
広島 広島市happymail2017.03.31

大胆なパンチラを見てしまった僕と彼女

出会い系で知り合った彼女と広島市内を観光していました。僕が富山から広島に引っ越して来て2ヶ月目のことです。彼女は生まれも育ちも広島で、僕を名所に案内すると言ってくれたのです。

彼女はいろんなことによく気が付く素敵な子で、広島に来て寂しい思いをしていた僕にはとてもラッキーな出会いでした。出会い系を使ったのは初めてですが、登録してよかったと思っています。

広島市と言えば路面電車。

僕は彼女と並んで座っていました。ときどきビルの谷間から窓から初夏の日が射してきて、まぶしくなりました。

そしてその光が隠れたとき、ふと前を見たら20代後半くらいのOL風の女性がだらしなく脚を開いて寝ていたのです。僕は本能的にそのスカートの中に視線を移しました。

ドキッ!

黒いパンストに覆われた白いパンティが見えたのです。ふっくらしたモリマンの様子が手に取るように見える見事なパンチラでした。僕は生唾を飲んでそのおんなの光景を見つめました。後目に見ると、彼女もパンチラに気づいているようで、髪をすきながら、ときどきその同性のしどけない姿を呆れたようにちら見していました。

会話がなくなったのは言うまでもありません。静かに時間が流れました。


「ラブホ行ってもいいよ。したいんでしょう?」優しい彼女

女性は時々思い出したように股を閉じます。でも中途半端な閉じかたですから、パンチラが消えるところか、逆にモリマンがムニュッと縮んだり膨らんだりして、刺激度を増したのです。僕は脚を組んでバッグを下半身に乗せました。

勃起していたからです。

その女性はそこから三つ目の駅で急ぎ足で降りましたが、僕の瞼には白いパンティのモリマンがしっかりとやきついていました。

それから無言の時間が過ぎましたが、電車から降りたら、彼女が悩ましげな目でこんなことを言ったのです。

「ラブホ行ってもいいよ。したいんでしょう?」

男の興奮をちゃんと理解している優しい女性です。もしかしたら僕の下半身がテントを張るのをしっかりとチェックしていたのかもしれません。でもそんなとき男は正反対のことを言いたくなるものです。

「何言ってんの・・・そんなんじゃないよ」

「考えていること分かるから。ずっとそういう気分でいて欲しくないから」

それからラブホに入り、今度は彼女のパンティをしっかりと観察し、パンティ舐めをしてしまいました。

「あのお姉さんのことを思い出してるの?」

「そ、そんなことないけど」

「思い出したらいやよ。私だけを見ていてね」

彼女の陰部は牡蠣の匂いがしました。思い出すなと言われましたが、気が付くとあの女性の匂いもこんな感じかなと想像しながらクンニしていました。

あのパンチラとモリマン。当分忘れられそうにないです。

彼女もそう思っているのか、あれから僕と一緒に路面電車に乗ろうとしません。


今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















路面電車でパンチラを見てしまった僕を気遣った彼女