パンチラもファッションの一部? 露出予告のミニスカ娘

相手の性別年齢職業
女性23歳不明
出会った場所利用サイト投稿日
愛媛 松山市wakuwakumail2017.09.29

露出予告をしてきた23歳のエロい女

パンチラもファッションの一部なのだろうか。彼女は物理的にほぼ確実にパンティが見える超ミニスカを穿いてきた。

出会い系サイトで出会った時点から「露出予告」をしていたので何が飛び出して来るだろうと期待していたら、過激なパンチラだった。そのミニスカはもはやスカートでなく、下着を覆っている丈の短い布に過ぎなかった。少し前屈みになっただけでパンティが見え、意識して凝視すると、もりまんすら見える。

「すごいね・・・恥ずかしくないの?」

「気持ちいいよ・・・みんな見るから」

「ナンパとかされない?」

「しょっちゅう」WWW

スカートの中身に関心がない男はいない。その中身が常に露出状態にあるのだ。そんな過激な光景を見せつけられたら、そりゃ誰でもその女とセックスしたくなるだろう。そんな女を独占している俺は幸せ者だ。


ラブホで着衣立ちバック・・・超ミニスカはセックスしやすい

俺も例外ではなく、セックス願望が徐々に強くなってきた。超ミニスカは常にパンチラ状態が続いているので、身近にパンティを感じることができる。ということは、身近に女性器を感じることができる。まんこがすぐそこにある。手を伸ばせばすぐそこにまんこがある。これでセックスしたいと思わない男はいない。

ラブホに誘ったら当たり前のようにOKした。超ミニスカはファッションであると同時に、男を誘惑する道具でもあり、彼女は最初から俺を誘惑するつもりだったようだ。露出予告をした段階で、すでにセックスを意識していた。

ホテルに入ったら、背後に回ってスカートをたしあげた。超ミニスカであるから、スカートめくりをしたという実感はなく、裾を少し上に持ち上げたに過ぎない。白いレース地のパンティがVの字に丸い尻に張りついている。ベージュ色のパンストが光る。

俺はパンストとパンティをまとめて脱がすと、はあはあと荒い息をはきながらオス犬のように尻をなめ回し、陰部の匂いを嗅ぎながら谷を舐めた。

「ああ・・・欲しい・・・これが欲しい」

男がそういう行為にでるのは分かり切ったことのようで、彼女は少し半身になって俺の頭を撫でた。

「そんなに女のここが好きなの? うふふふっ」

体位は立ちバッグだった。着衣のまま背後から刺した。超ミニスカは着衣セックスがやりやすい。

その日は4回セックスさせてもらった。

超ミニスカが流行することを願う。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















パンチラもファッションの一部? 露出予告のミニスカ娘