出会い系で浮気する主婦~悲惨な夫婦の夜事情~

相手の性別年齢職業
女性40歳専業主婦
出会った場所利用サイト投稿日
愛媛 今治市wakuwakumail2017.11.29

深い関係になって2週間後にいきなり愚痴りだした主婦

元々まじめな主婦だったらしい。

職場で知り合った先輩社員と恋愛結婚し、挙式と同時に退職して専業主婦になるという旧日本的な進路を歩み、12年間家族に尽くしてきた。2児をもうけ、比較的安泰な結婚生活を送ってきたのは、夫の収入が高めだったし近所に住んでいる義父母がいろいろ面倒をみてくれたというのもあったが、自分の主婦としての態度がしっかりしていたからだと彼女は自負している。

だが晴天の霹靂、ではないが、彼女は出会い系に登録して他人棒を求めだした。そこまでの経歴をきくと、いまここで俺とエッチしているのが信じられないが、出会い系にいる人妻というのは、みんな各々のっぴきならぬ夫婦の夜事情を抱えているもので、いちいち追究してもしかたない。

俺はひたすら人妻との濃密なセックスを楽しんだ。

セックスはあっさりした感じだった。普段はエッチとは無関係な女に見え「今日のセックスなしかもしれないな」と勘ぐったりすることもある。だがセックスをお願いすると「仕方ないわね」みたいに応じてくれる。

まじめだった主婦の姦通はこんな感じなのだろうか。

彼女自身も自分の性欲に対して「仕方ないわね」と嫌味や愚痴みたいなものをこぼしている風だった。どうにも抑えられない鬱憤が、40歳の崩れかけた体全体にたまっていた。

そして2週間ほどしたら、夫への愚痴が出てきた。


寝る前に「ちょっと抜いてくる」と言って寝室を出ていく夫

愚痴を聞いていると、夫婦の夜の事情が見えてくる。

ふたり子供を産んだくらいであるから、結婚してからセックスが途絶えることはなかった。ふたり目を身ごもった35歳までは、3日に1回のペースで夜を営んでいた。だが二人目が生まれて子育てが大変になるにつれ、何かが剥がれ落ちるようにセックスが消えていった。自分自身にも責任はあると思う。おしゃれしなくなったし、する気もおきなかった。面倒だからノーメークで過ごすことも多く、外出予定のない休日は終日パジャマでいることもあり、色気がどんどん失われていった。夫が関心をなくすのも理解できなくはない。

だが夫の態度にも問題がある。

ある夜、いつものように同じベッドで寝ようとしていた矢先、夫はこんなことを言ってベッドから離れ、リビングに向かったのだ。

「ちょっと抜いてくる」

リビングにある雑誌収納ボックスの一番下の引き出しにアダルトDVDが潜んでいるのは彼女も知っている。夫がそれをテレビで再生してオナニーしているらしいということも。

「もう少しテレビ観てくる」と言ってこっそりやってくれたらいいのだが、露骨に「ちょっと抜いてくる」はないだろう。夫の性処理は、完全に妻以外の場所で行われている。夫はそれを公然と宣言した。

それが出会い系に登録したきっかけだった。

―自分だって夫以外の場所で性処理してやるわ―

まじめな主婦だって夜事情しだいではこうなる。

何も知らない夫が気の毒だが、ざま見ろという思いもある。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















出会い系で浮気する主婦~悲惨な夫婦の夜事情~