セックスしてお金もらう立場になれば俺の気持ちがわかる

相手の性別年齢職業
女性43歳主婦(セレブ系)
出会った場所利用サイト投稿日
島根 松江市yyc2018.03.13

女から見れば買い手市場の出会い系逆援事情

お金をもらって女とセックスをする逆援。

男にとっては夢のような世界だが、その市場に参入してみると、なかなか厳しいものがある。男を金で買う女はセックスに貪欲な40代がほとんどで、男を肉棒としか見ていない節があり、お金はくれるが、それに見合った、あるいはそれ以上のセックスを要求してくる。逆援とはいえ男女の関係だから甘いものを期待したくもなるが、その関係は割り切った、実にあっさりしたものだ。お金を授受して性器を結合するだけの関係。

男からみた援交を思い浮かべてみたらよくわかる。男にとって援交相手は性の道具でしかない。金を払うからやらせてくれという単純な動機しかなく、そこに愛はない。

援交も逆援も割り切った関係であるという点で同じ。

唯一違う点があるとしたら、逆援は決して気持ちいいセックスができるとは限らない点だろうか。援交の場合、名乗りを上げる女の絶対数が多いので、男のほうも相手を選べるし、いい女ならかなり気持ちいいセックスができる。だが逆援の場合は市場構造をいびつだ。逆援する女自体が極端に少ないので、ここは圧倒的な女の買い手市場。いい思いをしたかったら、多少のことは我慢しなければならない。


文句を言いたくても言えない逆援男

知り合ったのは金持ちのセレブ系で、とても美人とは言えないおばさんだった。胸は大きく尻もむっちりしているが、それは太り気味だからそう見えるだけで、裸にして抱いてみると脂肪の固まりにすぎないことがわかる。間にお金が動いていなかったら、正直遠慮申し上げたいおばさんだ。

援助金額は月に10万円。

それで週に2回ほどセックスする。月に8回会って10万円。一日あたり12,500円で、ホテル代はおばさん持ちとしても、一回当たり苺以下で安価だ。せめて15万円はほしい。だが文句は言えない。

「いやならいいのよ・・・他に男はいるんだから」

放流されたら次のママ(パトロン)を見つけるのは至難だから、やむを得ずその条件で逆援を続けさせて頂く。そしてせっかくだからセックスを楽みたいと励む。だが何度やってもその肉体を好きにはなれない。

逆援をやりたくてもなかなかパートナーに恵まれない男も多いから贅沢は言えないのだが、なかなかしんどい。

君も同じ立場に立ったら、俺の気持ちがわかるだろう。


今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















セックスしてお金もらう立場になれば俺の気持ちがわかる