まんこ写真が招いた悲劇

相手の性別年齢職業
女性29歳ペットショップ勤務
出会った場所利用サイト投稿日
高知 高知市happymail2018.05.05

まんこ写真収集が趣味だが彼女の前では紳士でいた

悔やまれます。

あのミスは僕にとって人生最大の失態と言ってもいいと思います。今まで仕事や生活全般でいろんなミスをしてきましたが、あれを越えるミスはありませんでした。もしかしたら僕の目の前にバラ色の人生が開けていたかもしれないのに、なんとしたことでしょう。

ああ。

僕は趣味でまんこ写真を集めていました。ネットで公開されているえげつない女性器写真をコピーしてはスマホのピクチャフォルダに格納していたのです。人に言えた趣味ではないですが、男なら誰でも一度はやったことがあると思います。こんなことをしているからといって僕が変態だとか異常性格だとか言われたくはありません。この趣味とは別の次元に、全く異なる僕の人格があるのですから。ちなみに僕は職場では誠実な人間で通っています。

出会い系で僕にぴったりの素敵な女性を見つけたのは一ヶ月前のことでした。出会い系がどんなところかビクビクしていたと彼女。僕がメールしていろいろお話をしたら「なんだか拍子抜けしちゃった…だってこんなに紳士的な人が出会い系にいるなんて…出会い系も捨てたものじゃないわね」と返事してきたのです。

信頼を勝ち取り、彼女との交際が始まったのです。


彼女が作った料理の写真の返信でまんこ写真送信

彼女は僕とまじめに交際したいようで、長期を希望していました。そんな女性に対してガツガツするのは好ましくないので、僕は引き続き紳士的に振る舞うことにしました。別に無理していた訳ではありません。僕もせっかく巡り会った素敵な彼女を大切にしたかったし、もちろん長期の交際を考えていました。

もちろんセックスしたくないといったら嘘になります。でもそれよりももっと大切なものがあると思ったのです。だから体を求めるどころか手もつながず、少し距離を置いていました。彼女はそんな神妙な僕をますます信頼したようです。表情でそれはわかりました。

ところで彼女の趣味は料理で、一度オリジナルの魚介パスタを作ったと言って写真をLINEで送ってきたことがありました。事件はそのときに起こったのです。今から思えば、もっと慎重に返事をすればよかったと思いました。

そのメールの返事にバラの花束の写真を送ろうと思いました。いつも僕は「いいね」を意味するバラの花束の写真を送っていたのです。でもそのころフォルダを整理してしまっていて、バラの花束の写真がどこにあるかわからず、あちらこちら探しているうちにまんこ写真のフォルダに進入してしまい、あやまってその中の一枚を添付してしまったのです。

―やばば…削除だ削除―

焦ったのが間違いでした。

そのまま送信してしまいました。

若い女が脚を開いてまんこをぎゅっと左右に広げている写真でした。膣口からは乳色の愛液が一筋こぼれているという大変な代物です。

―やっちまった! もうだめだ! ―

魚介パスタの返事がまんこ写真とは…。

彼女は「超悲しい…この世の地獄ってこれね」と書き送ってきて、交際が終わりました。

送信ボタンひとつでどんな写真でも送信できるIT社会。

君も変な写真をスマホにコレクションしているなら、注意してください。

まじで注意した方がいいよ。

まじで。


今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















まんこ写真が招いた悲劇