不感症の原因は過度なバイブオナニーのせい?

相手の性別年齢職業
女性20代前半アルバイト(コンビニ)
出会った場所利用サイト投稿日
鳥取 倉吉市wakuwakumail2018.10.05

15歳からバイブでオナニーしている淫女

ぶかぶかの緩いま○こに出会った。

彼女の性器がかなり特徴的だったから、あえてそう言う言い方をしたい。体つきも普通で顔つきも単純で、良くも悪くもなく、ごく普通の女だったが、アソコがきわめて緩かった。おまけに感じにくく、不感症ではないかと疑ったほどだ。ごく平均的な構造をしている俺のペニスは、ごく一般的な女であれば十分満足させられるはずだし、過去の実績もあるのだが、彼女には通用しなかった。見た目と裏腹に、彼女の下半身は普通ではなかったのだ。

彼女がそういう女になった理由は、交際を始めて3週間ほどであきらかになった。

「15歳からアレ使ってオナニーしていたんだよね」

「アレって何」

「バイブ…ぶっといの」

セックスを初体験したのは18歳のときだったが、ほとんど痛みがなく出血もしなかったらしい。彼女はすでに極太バイブで処女膜を破っていたことになる。


普通のち○こじゃ感じない? もっと太くないとだめ

身体の成長過程で受けた刺激は、肉体の形成に大きな影響を及ぼすものだ。世間で活躍するアスリートが、物心ついた頃から訓練を受けているのは、その道にふさわしい体幹や足、腕を作るためだ。肉体が成長してしまってから、プロの世界で活躍する肉体を作るのは困難。

彼女も同じ。15歳という成長過程で突っ込まれた極太バイブは、彼女の膣を大きく変容させた。そして平凡なペニスではうんともすんとも言わない不感症ま○こを作り上げたのだ。めちゃ太くて長くて固いペニスでないと、彼女の膣に巣くう鈍感な性神経には響かない。

前戯が済むと、極太バイブを挿入して強度を最高に設定して抽送してあげる。彼女は瀕死の蛇のように身悶えながら何度か膣イキをする。彼女が目でOKサインを出す。私はもう十分だから、今度はそっちが楽しんで、と言わんばかりの目線。

ようやく挿入を許された俺は、ぶかぶかだがそれでも一定の膣圧を与えてくれる不感症の壷の中でピストンを楽しみ、射精する。

これが僕たちのセックスの方法だ。

ラブホに行くのに極太バイブが必須アイテムになっているカップルは世の中にどのくらいいるだろうか。

そんなにいないと思う。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















不感症の原因は過度なバイブオナニーのせい?