女嫌いを直す第一歩となった元デリ嬢との一夜の出来事

相手の性別年齢職業
女性23歳無職(元デリ嬢)
出会った場所利用サイト投稿日
広島 広島市happymail2018.11.12

なぜ女嫌いになったのか振り返ってみたい

出会い系のハピメにいた元デリ嬢は、俺にとってある意味セラピストになってくれた。彼女と付き合うことで、俺の女嫌い病が解消された。今では女が好き、というより嫌いではない。彼女と今後も続けるかどうか不明だが、仮に別れてもほかの女とちゃんとやっていける自信にはなった。

なぜ女嫌いになったのか振り返ってみたい。

過去、ハピメで何人かの女と交際していた。しかし一度も男女の関係になったことがない。それは男女の関係になる以前の問題だった。女に何を言っても曖昧な言葉しか返さず、どうでもいいことばかりべらべら喋り、手をたたいて笑う。エッチなことを口にしたらセクハラだと言うし、そのくせ自分の元カレの話を堂々とひけらかす。そんな女ばかりだった。俺は男としてどうしたらいいのか釈然としなくなり、俺を追い込む女自体を嫌いになった。

それが俺の女嫌いの顛末だった。


男なら堂々と迫りなさい…ほら、早く

その元デリ嬢とどうやって知り合ったか。俺は女への不信感からしばらく恋活を自粛していたが、彼女の方から声をかけてきたのだ。出会い系では男から何もアクションしなければ何も起きないと思っていたが、そんなことはないことを知った、だが女嫌いに陥っていた俺にはどうでもいい話だった。

俺はその元デリ嬢に自分の境遇のことを話した。女への不信感があり、ぶっちゃけ女が嫌いなので、君とも交際でいないと。

「そんなくだらない考えは捨てなよ…これから私と遊ばない? 女という生き物がどんなものであるか教えてあげるから」

自然と彼女の性のオーラに引き寄せられ、その夜会いに行った。

「ラブホ行こう…ほかにやることないでしょ? 男と女なんて」

「いいの?」

「それ、それがだめなの。男ならぐいぐい引っ張って行かないと。女は男が行動を起こすのを期待して待ってるのよ。だから曖昧なの。自分からはっきりものを言わないのは、男からはっきり言ってほしいからよ」

ホテルに入ると、ふたたび男らしく行動することを求められた。

「男なら堂々と迫りなさい…ほら、早く」

俺は彼女を抱きしめて唇を奪い、乳とクリトリスを攻めた。

「や…やれば…できるじゃん…ふうんっ」

男らしく強引に、ぐいぐい引っ張っていく男を、女は歓迎するらしい。そうやって迫れば、半分以上の女が男になびくと言っている。

「女嫌いの原因はね、君のその弱さと消極性にあるのよ。戦う前から負けてるのよ。女嫌いなんて嘘。それ以前の問題よ。だって女にまともにぶつかってないんだもん」

一夜にして、何かが変わった気がした。

さすが色の修羅場をくぐりぬけた風俗嬢だけあると思った。

俺は何とか軌道修正することができた。


今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















女嫌いを直す第一歩となった元デリ嬢との一夜の出来事