デカいバイブでガンガン突きまくってもびくともしない膣

相手の性別年齢職業
女性32歳OL(不動産関係)
出会った場所利用サイト投稿日
徳島 徳島市wakuwakumail2018.10.30

粗チンを馬鹿にした32歳の生意気なOL

今まで女から自分のペニスを馬鹿にされたことは一度もない。たしかに大きくはない。平均以下と言われても否定のしようがない。だが今まで俺とベッドをともにしてきた女は一度もそのことに触れなかったし、そもそも、まじまじとペニスを見ることもしなかった。

だがワクワクメールで知り合ったその年上のスケベ女は、初セックスのときに「祖チンだ…超可愛い」と言って小馬鹿にした。

男に対して言っていいことと悪いことがある。特にペニスを低く評価されることほどの屈辱はない。頭の中でそう思っていても口にしてはならない。だがその女は俺のペニスを指先で摘み「一口サイズだね」と言ったのだ。

「あんたの膣を見せてみろ」

「きゃっ」

ベッドに押し倒してパンティを剥いだ。

「グロいまんこじゃねえか…色気もくそもねえ」

膣はアワビのようにどす黒く、毛むくじゃらで陰唇がめくりかえっている。

「経験積むとそうなるのよ…あんたのそれと違ってね…」

口数の減らない女だった。


デカいバイブで報復ピストンしたが感じまくるだけ

たしかに彼女の膣は大味のように思えるが挿入してみると狭隘で締まりもよくて変幻自在。俺の祖チンは大海の小魚のように女の波濤に翻弄され、あっという間に息絶えた。

「祖チンはやっぱりだめね…」

俺には打つ手がなかった。だが何とか復讐してやりたい。この膣をぶっこわしてやりたい。

次のデートのセックスに、俺はデカいバイブをホテルに持ち込んだ。長さ20センチ、幅6センチほどある巨大人工ペニスだ。俺はそれを彼女の膣にぶちこんでかき回した。

「ああんっ すごいい…極太バイブたまんないっ」

俺はこれでもかと突く。突く。突く。

しかし彼女はよがるだけで少しも苦痛の表情を浮かべないのだった。過激なバイブピストンをすればするほど、快感が増すようだった。

―女の膣は凄いな―

考えてみたらその穴から体重3,000グラムほどの人間が出てくるのである。膣は半端な穴ではない。

「おみそれしました…あっしの負けでござんす」

そんな騒動があったが、基本的に仲がいいので今でも交際している。

祖チンとウルトラまんこの将来が楽しみだ。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















デカいバイブでガンガン突きまくってもびくともしない膣