男に挿れられてこその膣

相手の性別年齢職業
女性20代後半小学校教師
出会った場所利用サイト投稿日
広島 呉市mintj2019.01.28

バイブを35本所有しているオナニスト教師

職業を聞いて驚嘆した。

彼女が小学校の先生だと誰が信じるだろう。出会い系サイトの写真を見てもどこか普通と違う雰囲気があり、メールの中でも「一人エッチ」とか「膣のカユミ」とか「バイブ」が平気で登場する。相手が見えないから書きたい放題なのかと思いきや、実際に会ってみても同じだった。彼女はどうやらオナニーが好きなオナニストらしい。だが小学校で教鞭をとっていると聞いて、引いてしまった。この女が小学生に何を教えているのだろう。

「小学校の先生だからって何? 教師は仕事にすぎないの。私は普通の女なのよ」

言われてみればその通りなのだが。

小学校の女教師といってもみんな膣を持っているし性欲もある。膣に何かを入れてみたくもなるだろうし、その遊びにハマることもあるだろう。オナニスト教師がいても不思議ではない。

所有するバイブ、何と35本らしいから驚きだ。


バイブ35本より、1本の生ちんを膣は求めている

処女を捨てたのは19歳の秋。膣に長くて太いものが入ってくる快感に目覚め、それからオナニーが好きになった。セックスに目覚めなかったのは、相手が好きな男ではなかったから。好きな男から愛される歓びを知り、その結果として長くて太いものがあったなら流れも変わっただろうが、彼女の性体験には「愛」がなかった。快感だけが膣に残った。

「本物のペニスを入れてみたいと思わないの?」

「だから出会い系に来たの……恋人が欲しいとは思わないけど、遊んでみたくて」

そのオナニスト教師が体目的であるのは明らかで、すぐに肉体関係になった。セカンドバージンの透明の膜を持つその膣は口をすぼめて愛らしかったが、35本のバイブの洗礼を受け、唇がめくれ返っていた。

「生のほうがいいだろう」

セックスのあと、耳元でささやく。

「まあね……緊張感はあるかな。それに熱い」

「そう……バイブは冷たいからね」

「それに」

「それに?」

「生きてる……19歳の頃はそんな風に考えなかったけど」

バイブ35本より、1本の生ちんを膣は求めている。オナニーよりセックスのほうが膣は歓ぶ。

そこに「愛」が加われば、ベストだ。

彼女との間に愛が芽生えるかどうか、まだわからない。


今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2000万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(750万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1300万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















男に挿れられてこその膣