レイプされたことをそれほど苦にしていないマゾな女

相手の性別年齢職業
女性25歳不明
出会った場所利用サイト投稿日
岡山 岡山市yyc2019.07.21

強制的にラブホに連れ込んで強姦めいたことをしたのだが

レイプが女性の心身を傷つけるのは言うまでもないことだ。男からすれば妄想オナニーのオカズになったりする程度のものだが、女性にとっては地獄でしかない。捕まったら、言うまでもなく刑事事件になる。

だが女だからといって、必ずしもそうならないケースも稀にある。心身は傷つくものの、傷の受け止めかたが普通とことなる女がいる。

先月、出会い系でナンパした女と飲みデートした。新作日本酒の利き酒パーティに会費を払ってふたりで参加し、ほろ酔いになったのだが、むっちりした太股と丸い尻に欲情し、会場を出たらすぐに「ホテル行こう」といって強引にタクシーに乗せた。

「私はいやだよ……タクシーから降ろして」

「ラブホに着いたら下ろしてやる」

下ろしたら逃げようとしたので、つかまえて力ずくで連れ込んだ。無人のホテルだったが防犯カメラがあったので、彼女が治安当局に直訴したら俺は確実にぶたばこ行きである。だが久しぶりの酩酊が俺の気を強くし、やばいかもしれないと思いつつも半ば強姦めいた手口でセックスに持ち込んだ。

だが射精して賢者になったら、後悔が一気に出た。


実は2年前、山の中で輪姦されました

「ごめん……君があまりに魅力的だったから、ついつい」

彼女はうつ伏せたままだ。

だが行為のとき、それほど抵抗しなかったことを想い出し、改めて不思議に思った。声も出したし、アソコも十分に濡れた。最後に膣の奥を突きまくったとき、確か「いくう」と叫んだ記憶がある。

(それほど傷ついていないのか……?)

肩を抱いて、耳元でもう一度「ごめん」と言った。

「謝るくらいなら、レイプしないで……。もっと激しく責めて。私が粉々になるまで。気持ちよくて気が狂うまで」

こちらを向いた彼女の顔は上気し、色っぽかった。

「レイプがショックじゃないの」

「じんとくるから」

二度目のセックスのあと彼女が語ってくれたが、約2年前、山の中で輪姦された経験があるという。怖かったが、終わってみると妙に満たされ、性的に興奮した自分がいたという。被害届も出さなかったし、ときどき輪姦を想い出しては秘部に手を伸ばす毎日が続いた。

「マゾかもしれない、わたし」

「そうか……君のこと大事にするよ」

「大事にしなくていい」

「じゃあ、大事に虐めよう」

「うふっ」

彼女のようなケースは千に一もない希なケースだ。

レイプは犯罪だから、やってはいけない。


今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2000万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(750万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1300万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















レイプされたことをそれほど苦にしていないマゾな女