色白な女の陰唇の色はどんな色

相手の性別年齢職業
女性25歳医療事務(歯科クリニック)
出会った場所利用サイト投稿日
高知 室戸市mintj2019.11.14

透き通るような色白の美人と出会った

絵に描いたような美人だった。

とはいえ一般的な美人顔ではなく、消して顔が整っている訳でない。ただただ色白なのだった。しかも病的に白いのではなく、美的に白い。色白の美人というのは彼女のことを言うのかもしれない。痩せ形で髪はマロンブラウンのセミロング。色白だから赤っぽいルージュがよく似合う。写真は陰影のせいでそれほど際だっていなかったが、十日間のメル友の後に初めて会ったとき、その色白さに感動した。

「綺麗ですね」

「ありがとうございます」

「とても色白で……。何か気をつけていることはありますか」

「ショートケーキをよく食べます。カロリーが高いので、気をつけていますけど」

色白の上にお上品だから、褒め言葉も自ずと敬語になってしまう。微笑むとえくぼができて、その綺麗なくぼみから彼女にしかない女の香りが立つようだ。

裸を見たいと思った。これほど色白な女性はどんな裸をしているのか。乳の色は? 乳首の色は? それと、陰唇の色は? 想像してこっそり勃起している。みっともないので、テーブルと体の距離を縮めて男の恥ずかしい膨れを隠した。


陰唇の色は薄くて白っぽいピンクだった

そんな風情のある女だから不謹慎な言葉は禁物で、半分体目的の俺でも、なかなかエッチに誘えなかった。3日、6日、10日と時間が過ぎていく。だがその牡の沈黙が奏功し、彼女は俺に対する信頼を得たのか、心と体の距離が徐々に縮まっていった。

ホテルに入ったのは、最初の出会いから一ヶ月後だった。彼女の印象はいまだに「色白な女」。その透けるような白さは、どれだけ時間がたっても変わらなかった。指も、足も、首も白い。さて裸はどうか……。

「ごめんなさい……わたし、まだ」

「まだ……?」

ここで彼女の置かれている立場を理解しなければ男ではない。

「大丈夫。誰だって初めてなんだから」

俺はバージンの体に巻かれたブルーのバスタオルを取ると、その体をじっくり見た。ありのままの裸が見たいから、照明は自然光にしてある。

「恥ずかしいです」

「誰だって最初は恥ずかしいものさ」

裸も色白だった。乳首は限りなく白に近く、ほんのりと茶が混じっている程度。

そして白い大腿をそっと開く。

陰唇の色は薄くて白っぽいピンクだった。色白な上に処女。これこそ美陰唇。おそらくこれ以上の美しい陰唇は日本列島に存在しないだろう。

俺はその陰唇に舌を這わせた。

甘酸っぱいミントの香りがした。

ううう。


今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2000万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(750万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1300万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















色白な女の陰唇の色はどんな色