熟女とラブホテルに入ってわかったこと

相手の性別年齢職業
女性40歳主婦
出会った場所利用サイト投稿日
鳥取 鳥取市PCMAX2019.12.26

ずっと気になっていた~ラブホテルに入るきっかけ~

うちの近所にラブホテルがあるのだが、そこに白昼堂々とおでましになるカップルをよく見かける。若いカップルだったり熟年カップルだったり、老若の組み合わせだったり様々だが、見かける度に疑問に感じることがあった。

いったいどんなきっかけでラブホテルに入るのだろうかと。

いずれかが「エッチしたい」と言うのだろうか。それとも前もってメール等でさりげなく約束しておいて、当日になったら暗黙の了解で入るのだろうか。

ラブホテルといえば、まあまあ特殊な空間。入るにはそれなりの強い決心が必要と思うのだが。

その疑問が最近晴れた。PCMAXで知り合ったアラフォーの主婦がそれを教えてくれた。

その主婦とはサイトで出会って即会いした。特にエッチ系の会話をしたわけでもなかったのだが、彼女は俺に会いたいという。

「若い人といろんな会話をしてみたいわ」

いわゆる逆ナンに近く、俺はすんなり引き受けた。


お茶飲みに行くみたいに軽い気分で入っていることがわかった

即会いしてまずはパーラーでお茶を飲む。世間話から入り、少しずつ熟女のプライベートな世界に巻き込まれていく。夫へのグチ。姑へのグチ。子育ての不安。

「最近面白くないのよね……20年前くらいにタイムスリップしてみたいわ」

日頃の鬱憤を吐き出しに来ている風で、俺は聞き役に徹していた。だがエッチ系の単語は一言も出てこず、これはもしかしたらエッチ目的ではないのかもしれないと思った。

そうして数時間がたち、いよいよ熟女から決定的な言葉が飛び出した。

「ねえラブホテルそこにあるでしょ? 入ろうね」

「え? ラ、ラブホテル?」

「個室のほうが周りがうるさくないし、まったりできるじゃん」

「だけど」

特にエッチ意識をせず、二人はラブホテルに入る。

入ってもエッチな空気は流れず、パーラーの延長のような雰囲気が継続された。

―なるほど、こんな風にラブホテルに入るのか―

お茶でも飲みに行くように、特にエッチを意識せず入る。エッチをしに入るというより、二人だけでのんびりしたい、そんな感覚で入るのだとわかった。要は二人だけの空間に浸りたいだけ。

やがて俺はできなくなり、エッチがしたいと正直にリクエストした。

すると熟女は怪訝な顔をしてこう言ったのだ。

「エッチは今度がいいわ……初日はおとなしくしてましょ」

これが大人の恋愛か。

これが大人のラブホテル利用法か。

いろいろ学んだ一日だった。

そしてあした、またその熟女に会う。

今度は大人のエッチが待っている。


今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2500万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(800万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1500万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















熟女とラブホテルに入ってわかったこと