彼女への要求事項~アソコは洗ってもいいけど腋は絶対に洗うな

相手の性別年齢職業
女性24歳アルバイト(日本料理屋)
出会った場所利用サイト投稿日
広島 広島市ミントC!Jメール2020.01.28

女の腋の汗の匂いが好き

腋フェチという性癖があるのをご存じだろうか。

何を隠そう、俺の性癖だ。ある夏の日、満員のバスの中で背の高い女の腋の匂いを嗅いでから、その性癖が目覚めた。女は色白の美人で、白いノースリーブのワンピースを着ていた。バスが左折したとき、歩道を渡ってきた人を優先したのかブレーキをかけ、その反動で俺の顔が彼女の腋に衝突したのだ。そのとき、若い女の腋の汗の香りを吸い込んだ。生臭く、つんとしていた。アソコの匂いに少し似ていた。

あの香りが忘れられず、満員のバスの中では必ず若い女の横に立ち、鼻孔を膨らませ、腋から漂ってくる空気に全神経を集中した。むろん匂いはしないが、そういう行動に出るだけで、妙に興奮し、勃起した。もちろん迷惑行為はしない。一線をこえないぎりぎりのところで卑猥な遊びをするのが好きだった。

そんな俺が出会い系に登録したのは秋になってからだった。


アソコの匂いも好きだけど匂い嗅ぎながらピストンできないよね

秋になると、汗の匂いは遠のくし、女も腋が出るような服は着ず、腋フェチにとっては悲しい季節の到来となる。俺は自らの欲望を満たすには、直接女の腋に鼻を寄せるしかないと、出会い系の女にターゲットを絞ったのである。

女は24歳の丸顔のかわいい子だった。歩くとき、幼児のようにヒップがぷりぷり動く。いい尻だ。だが俺の関心はもっぱら腋。彼女の腋の匂いを嗅ぎたい。

ほどなく肉体関係になり、定期的にセックスするようになった。

俺は腋の匂いを嗅ぎながら、腋にキスし、腋をなめた。腋も性感帯のひとつであるから、彼女はそれほど違和感をいだかなかったと思う。

あの夏の記憶がよみがえる。あのつんとした女の汗の匂い。俺は乳や陰部を責めた後に、腋に攻め入る。性的興奮が汗を分泌させ、女の匂いを発散させるからだ。腋フェチにとって、至福の時間が訪れる。

匂いといえば、アソコの匂いも嫌いではない。だが挿入ピストンしながらアソコの匂いを嗅ぐことはできない。だが腋ならば、ピストンして男の快楽にひたりながら匂いを楽しめる。

「ああん……腋ばっかりやだ……キスして」

唇にキスしながら腋にキスする。

ピストン中の俺の顔は忙しい。

腋フェチのセックスは、落ち着かない。


今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2500万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(800万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1500万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















彼女への要求事項~アソコは洗ってもいいけど腋は絶対に洗うな