平和公園で待ち合わせ、激安ホテル秀佳で即ハメした出会い系少女と同棲中

hiroshima
相手の性別年齢職業
女性19歳女子大生
出会った場所利用サイト投稿日
広島 広島市happymail2017.04.12

平和公園にやってきた援交希望のオマンコ大好き娘

最近、ハピメで拾った女と同棲を始めた。

最初はセックスばっかりしていたが、最近では目に見えない絆みたいなものが生まれて、夫婦のような関係になっている。

男と女はどこでどうなるかわからないというのが正直な感想だ。

彼女との出会いは援交だった。

「わけありです。←この意味が理解できる人よろしくね」

19歳。女子大生。身長160センチ。自撮り写真と思われる画像は故意か偶然かぶれていて、よくわからない。ノーメークで前髪が眉を隠しているのはわかる。だが瞼が一重か二重がわからない。

「わけあり」というから、援交希望か神待ち、パパ待ちのいずれかだと思う。女子大生でもあり風来坊のような暮らしをしているとも思えないので家出少女ではないだろうから、金目当てだろう。

援交は過去2回したことがある。

一回当たり数万が飛ぶが、その分確実にセックスさせてくるので、今日は絶対にセックスしたいという日は、援交女をあえて選ぶこともある。

俺は彼女のぼやけた写真を凝視して裸を想像し、その裸をもてあそぶ自分を妄想し、性欲を奮い立たせ、その日の援交セックスを決意した。

「わけありの女性に理解のある男です。詳細は会ってからお願いします。常識的な条件であれば応じます」

予算はホ別2~2.5.これを超えると来週一週間の食費が消える。

「ありがとう・・・じゃあ平和公園で会いましょう」

「なんで平和公園?」

「いま平和公園にいるから」

少し遠いので、車で行き、近所の市営駐車場に停めて平和公園まで歩いた。

彼女は高等女学校慰霊碑の近くにいるらしい。

そんな聖なる場所で援交女に会うのは不謹慎な気もしたが、これも日本が平和になった証かもしれないので、大目に見てもらおう。

彼女はしゃがんで俺を待っていた。

顔は写真の印象とほぼ同じ。要するに、ぶれていてもぶれていなくても同じ顔ということ。美人でもブスでもない。

「何のわけがあるの?」

「バイトしないといけないんだけどね・・・働きたくないから。うふふふ」

そのあと彼女は立ち上がって「初めまして」と言った。

少し歩く。学費を稼ぐために風俗でバイトする女子大生もいると聞いていたが、彼女の場合は学費を稼ぐために援交しているのだろうか。たしかに時給800~1,000円のバイトをするより援交のほうが稼げるかもしれないし、淫乱女なら好きなことをしてお金をもらえるわけで趣味と実益をかねられる。ある意味合理的な方法かもしれない。

「援交? いくら欲しい・・・こっちにも予算があるから」

「ホ別で2枚かな、とりあえず」

「何とか予算内」

「じゃあ交渉成立ね」

彼女が腕を組んできた。

「君はセックス好き?」

「好きに決まってるじゃん。大好きだよっ うふふふ」

なぜか安心した。


ホテル代込み無制限セックス愛人で定期再契約した結果

腕を組んでくれたし、彼女がオマンコ大好き娘だというのは分かったが、やはり味気ない。

この体験談を読んでいる人の中には援交経験者もいるかもしれないので理解してもらえると思うが、援交の交渉がまとまってホテルに行くことが決まったら、あまり会話が盛り上がらない。

俺も彼女の「わけ」をもっと詳しく聞きたかったし、何のために金を使うのかも知りたかったが、ふたりが目指すゴールがくっきり見えてしまうと、そんな余計な詮索は無駄なような気がしてくる。

男の目的は射精。女の目的はエクスタシーと金。援交の関係に、これ以外何があろうか。

ホテルは経済事情も考えて激安ホテル秀佳を選んだのだが、そこに行く車の中で、ほとんど会話がなかった。

俺は中出しさせてもらえるだろうか、中出しNGだったら寸前で抜いて外に出そうか、みたいなことばかり考えていた。

部屋の内装などどうでもよかったが、彼女は502号室を選んだ。

西洋のお城のような内装で、彼女はいつもここを選ぶらしい。

「実は昨日も来たのよ・・・私のあとに誰か入ったのかな・・・やけに綺麗なんだけど」

「掃除してあるから綺麗になってるんだ」

俺はコンドームの場所を探した。どこに置いてあるのかよくわからない。

「あ、ゴム探しているの? これ使って」

彼女がマイコンドームを2個差し出した。

「ホテルのゴムは危ないよ」

「2個ということは2回戦までOKってこと?」

「何個もあるから無制限。あははは」

尻は小さかったが、赤ん坊のようにスベスベして頬ずりすると気持ちよかった。これは19歳の尻だと思った。

「ああ、欲しい欲しい」

興奮した俺は彼女をラブチェアからベッドに連れていき、むしり取るようにパンティ脱がせ、仰向けにして下半身に顔を埋めた。

剃毛処理しているらしく恥丘部分の毛はほとんど刈り取られ、クレパスの狭部分に少量の毛が密集している程度だった。しばらくクンニして彼女が女になったところで好きな騎乗位を始める。

彼女はセックスに自信がありそうだった。下から見ていると「私でたくさん感じてちょうだい」「私で気持ちよくなれない男は男じゃない」みたいなことを言いそうな顔をしている。女の快楽を楽しみながら、男が興奮し感じるのをしっかりと見守っている気がした。

2回抜いたあと、ラブチェアで缶コーヒーを飲み、財布から20kを抜いて彼女のハンドバッグの上に置いた。

彼女はパンティを穿きながら不満げな目をした。

「20kじゃなかったっけ」

「この次も有?」

彼女は俺と援交を続けたいらしい。

「そんな・・・俺も金に余裕があるほうじゃない」

「いつでもさせてあげるよ・・・好きな時に」

「いつでもって・・・他の男と寝てるときはできないだろう」

「契約してくれたら貴方ひとりに絞るから」

俺はセックスしたいときにいつでもセックスできる生活を想像した。

それは夢にまで見た男の楽園だった。

「給料日の支払いでいいか」

「いいよ」

ホテル代込み無制限セックスで月に120kで再契約。

俺は節約のためホテルを使わず、アパートに彼女を呼んだ。彼女もひとり暮らしらしく、いっそのことここで住んだらどうだと提案したらOKになり、文字通りいつでもセックスさせてくれる女になった。

彼女は福岡から来ていて、学費は親が出すが生活費は自分で稼げと厳命されているらしい。

ここで暮らせば生活費も浮くし、120k貯金できるからラッキーと言った。

「ここで暮らせば生活費はかからないから120kチャラにできないか」

「それでもいいよ」

それから同棲が始まった。

援交から始まった同棲。

男と女はわからない。


今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(1200万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(650万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(800万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(15年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(17年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1000万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(16年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















平和公園で待ち合わせ、激安ホテル秀佳で即ハメした出会い系少女と同棲中