ワクワクメールに精液で遊ぶ女がいた

相手の性別年齢職業
女性26歳宅配サービス(配達)
出会った場所利用サイト投稿日
香川 高松市wakuwakumail2020.02.24

生挿入で入れて最後にお腹にどばっと出して

男にとって愛液がいとおしいものであるのと同じように、精液は女にとっていとおしいものであるようだ。俺は精液で遊ぶ女を初めて見た。

男が精液を持っていることを女は知っており、男の性的興奮が頂点に達したらそれが陰茎から飛び出て来ることも当然知っている。そしてそれが卵子と結合して受精卵になることも知識として持っている。だが多くの女は精液を直視しない。ねばねばした生臭い存在を生理的に嫌うのか、目の前に飛び出てきても無視する。一緒にティッシュで拭いてくれる女もいたが、俺の経験ではごくまれだった。

だが高松市で出会ったそのスケベ宅配業者は、自分の殻を破ったのだろうか。生理の壁を越えたのだろうか。精液に抵抗感を示すことはいっさいなかった。

女は中で出さないなら生挿入OKと言い、精液はお腹の上に出してくれとせがんだ。

「どばっと出して……どばっと」

言われた通り、寸前で抜いて腹に出す。

白い液はドバッと飛び散り、臍を中心に、腹のあちこちに飛散した。


腹にこぼれた精液で遊ぶ女

それから女の精液遊びが始まる。

彼女は火照った顔にうっとりした目を浮かべ、腹に飛び散った精液を指で延ばしたり、寄せて混ぜたり、ぺたぺたした部分を指の腹で擦ったり、精液を楽しんでいた。

「そんなことして楽しいの」

「これが男の欲望なのね……っていろいろ考えたりして」

「変わった女だな」

俺は尿道を絞って、精液の残りをティッシュに出して亀頭を掃除した。

「この液を出したいから私とセックスしたんでしょ?」

彼女は精液を掬うと、鼻の下に持っていって匂いを嗅いだ。

「ああ、臭いわ……でもいい匂い。男の欲望の匂い……」

と、大自然を前にした詩人のような口調でしみじみと語る。

そんな彼女とセックスすると、自分が何か貴重な液体を持つ男のように思えてくる。

でもそうなのかもしれない。

卵子にとって精液は貴重な相手なのだ。

男は女の愛液が好きだが、愛液のぬめりに、無意識のうちに「卵子」を思っているのかもしれない。

男女は本来、そうやって求めあうべきだ。


今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2000万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(750万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1300万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















ワクワクメールに精液で遊ぶ女がいた