エッチが苦手な女にシックスナインを強要する快感

相手の性別年齢職業
女性26歳理容師
出会った場所利用サイト投稿日
徳島 徳島市pcmax2020.07.05

非処女だが基本的にエッチが嫌いな女だった

父親が経営する理髪店の手伝いをしているという理容師の女と出会った。どことなく浅田○央に雰囲気が似ている颯爽にして、少々可憐なところがある乙女だった。本当は美容師になりたく、父も反対はしなかったが、彼女は父と同じ道を選んだ。そんなところに彼女の人間の味覚があふれていて、俺は彼女に決めた。

俺は基本的に体目的で、いい女だったらすぐに手を出してその体をいただくのがモットーなのだが、彼女に関しては人間的な部分に惹かれたこともあり、いつもとは勝手が違っていて、交際を始めてもなかなかホテルに誘えずにいた。話をすると彼女には彼氏がいたことがあり、未経験ではない。だがエッチが嫌いだと口にしている。

ますます誘いにくい。

欲求不満が少しずつたまっていく。

俺の好きなプレイはシックスナイン。

俺は彼女とシックスナインするシーンを想像してオナニーにふけっていた。

ああ我慢できない。

あの可憐な女とシックスナインしてみたい。


「そんな不潔なことできない」とわめく女にシックスナイン調教

彼女をラブホテルに誘ったのは出会ってから二ヶ月後のことだった。俺にしてはかなり遅い方だ。二ヶ月といえば女とであってさんざんやりまくって飽きてきて別れてしまうくらいのスパンである。

だからこそ期待でちんこが膨らんだ。

欲求不満も手伝って、ベッドインするなり俺は最初(はな)からシックスナインを要求した。

「シックスナインしようよ」

「なにそれ」

「互いに互いの性器を同時に口で愛するんだ」

「そんな不潔なことできない」

とわめく彼女。

彼女はフェラ経験もなかったようだ。

こうなると燃える。未経験の女に経験させるというサディスティックな情念がめらめらと燃え盛り、俺は強引にシックスナインを求めた。

69の体勢になると、俺はクリトリスと膣の入り口を丹念に舐めた。

「ほら……はやく咥えてよ。ちんぽ咥えてよ。立たせてよ」

「で、できない」

いやがる彼女の性器を攻めまくる。愛液が垂れてきて、やがて女の牝鳴きが始まり、彼女はようやくフェラを始めた。女の本能なのだろうか。いざ始めるとさまになっている。女は本能的にフェラのやりかたを知っている。

それはある意味、調教だった。

二回目のセックスでも前戯でシックスナインを強制。楽に、自然にできるようになるまでシックスナイン調教を繰り返した。

今ではシックスナインが二人の定番メニューになりつつある。


今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!



人気の記事をピックアップ


人気の出会い系サイトトップ5 比較表

サイト名 利用者数 無料ポイント メール返信 運営実績 サポート 合計
ハッピーメール 20点
(2000万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
100点
ワクワクメール 17点
(750万人)
20点
(1200円分)
20点
(50円)
19点
(18年)
20点
(24h対応)
96点
PCMAX 18点
(1300万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
18点
(16年)
20点
(24h対応)
94点
ミントC!Jメール 16点
(600万人)
18点
(1000円分)
20点
(50円)
20点
(18年)
20点
(24h対応)
94点
YYC 19点
(1400万人)
10点
(300円分)
20点
(50円)
19点
(17年)
20点
(24h対応)
89点

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~















エッチが苦手な女にシックスナインを強要する快感